部活動

体育局

●強化運動部

野球部

グランドで学んだことを学校生活で
学校生活で学んだことをグランドで発揮する

DATA

  • 【部員】93名(選手87名、マネージャー6名)
  • 【監督】吉田洸二
  • 【部長】吉田健人
  • 【コーチ】北村開
  • 【寮監兼コーチ】山下由起

主な実績

甲子園出場 16回 春6回/夏10回(2023年9月現在)

  • 選抜高等学校野球大会(春の甲子園) 6回出場
  • 全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園) 10回出場
  • 第95回記念選抜高等学校野球大会 優勝
  • 2020年甲子園交流試合出場
  • 第74回秋季関東高等学校野球大会 準優勝

監督からのメッセージ

縁があってグランドで時間をともにする生徒を一番大切に。野球を通じて人への配慮ができる社会性を育てながら甲子園優勝を目標に日々精進していきたい。

監督
吉田 洸二 

サッカー部

自立と自律、自分ひとりで決断できる人間になれ

DATA

  • 【部員】139名(選手134名、マネージャー5名)
  • 【総監督】横森巧
  • 【監督】岩永将
  • 【GKコーチ】大嶌宏汰
  • 【コーチ】深沢一智 島垣亮吾 浅香光哉 島村龍太
  • 【トレーナー】茂木勇人
  • 【コーチ 兼 Fuji Infinity SC監督】村松征二郎

主な実績

  • 全国高校サッカー選手権大会 出場9回
    (第88回大会優勝、第89回大会ベスト8、第90回大会出場、第93回大会出場、第95回大会出場、第96回大会出場、第99回大会優勝、第100回大会出場、第101回大会出場)
  • インターハイ 出場7回
    (平成20年、22年、23年、26年、30年優勝、令和4年、令和5年)
  • 高円宮杯U-18サッカーリーグプリンスリーグ関東2部 2011(優勝:1部昇格)
  • 高円宮杯U-18サッカーリーグプリンスリーグ関東1部 2021(10位:2部降格)
  • 高円宮杯U-18サッカーリーグプリンスリーグ関東2部 2022(3位)
  • 山梨県高校総合体育大会 優勝
    (平成21年、23年、25年、令和3年、令和4年、令和5年)
  • 関東大会 出場6回
    (第52回優勝、第54回、第56回、第64回、第65回、第66回)

監督からのメッセージ

サッカーは、自立し、自分を律して決断できる人間になることが何より重要です。頭を使い、集中力の必要なスポーツなので全体練習は2時間だけ。集中してやります。高校で日本一を目指すことはもちろん、もっと高い目標を持つように選手たちは頑張っています。

総監督
横森 巧 総監督

駅伝部(男女)

仲間と絆を深め、自分磨きに挑戦!

DATA

  • 【部員】36名(男子26名、女子10名)
  • 【総監督】麻場一徳
  • 【男子監督】箱崎孝久
  • 【女子監督】小俣宏記

主な実績

男子

  • 全国高等学校駅伝競走大会(京都都大路):11年連続出場
  • 平成25年度 男子第66回 関東高等学校駅伝競走大会:2:04'58"準優勝 県高校最高記録
  • 平成25年度 男子第64回 全国高等学校駅伝競走大会:2:03'53"優勝 県高校最高記録
  • 平成28年度 男子第69回関東高等学校駅伝競走大会:2:05'56"優勝

女子

  • 全国高等学校駅伝競走大会(京都都大路):13年連続出場
  • 全国高等学校駅伝競走大会山梨県予選(平成23年度 24年度 25年度 26年度:優勝 3年連続大会新記録更新)
  • 全国高等学校駅伝競走大会関東予選(平成23年度:3位 24年度:2位 25年度:優勝 大会新 26年度:3位)
  • 全国高等学校駅伝競走大会(平成25年度:6位入賞 26年度:4位入賞)

監督からのメッセージ

駅伝競走を通して仲間との絆を深め、学校・寮生活の充実を図り、自分自身を「自立」から「自律」へと成長させるよう日々「自分磨き」に挑戦。

監督
箱崎 孝久 監督

ラグビーフットボール部

人間力向上!

~豊かな心を育み、社会に貢献できる人材の育成を目指します~

DATA

2021年度より活動スタート

  • 【部員】66名(男子61名、マネージャー5名)
  • 【部長 兼 監督】古屋勇紀
  • 【総監督】梶原宏之
  • 【顧問 兼 コーチ】内田啓太 山上雄大
  • 【コーチ(大学兼任)】
    松村径 加瀬隆之 幅野悠介 伊藤優作 Nate Igel 松原貴弘 安東菜桜 吉田彗 有野僚
  • 【トレーナー】宮川彩花

ラグビーフットボール部
山梨学院和戸ラグビー場
ラグビーフットボール部
山梨学院高校富士見寮3

スローガン

気づき・考え・行動する

監督からのメッセージ

校内には、全国トップレベルを誇る多数の強化部活動による双方向の刺激があります。尚且つ、山梨学院大学ラグビー部と連携し、有資格スタッフによるコーチングや充実した大学部所有施設・設備の共有、大学生部員との交流が圧倒的な強みです。目的・目標の実現に向かうための最高の環境が整っています。
まずは、全国大会(花園大会)出場を目標に据えています。
山梨学院高等学校ラグビーフットボール部は、保護者・御家族や地域から愛され、応援される部に成長していけるよう日々励んでまいります。皆様の御支援をお願いいたします。

部長兼監督
古屋 勇紀
部長兼監督

総監督
梶原 宏之 総監督

バスケットボール部(男子)

風林火山

状況に応じた柔軟な対応ができるように

DATA

  • 【監督・ヘッドコーチ】江﨑悟
  • 【アドバイザー】古田悟

スローガン

風林火山(状況に応じた柔軟な対応ができるように)

ソフトボール部(女子)

臨機応変

DATA

  • 【部員】29名(選手27名、マネージャー2名)
  • 【顧問】佐々木憲士
  • 【監督】渡辺努

主な実績

[令和元年度~]

  • 県内大会すべて優勝<新人戦・春季・関東予選・インターハイ予選>
  • 令和元年度関東大会優勝(山梨県初)
  • 令和3年度関東大会準優勝
  • 令和元年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ) 3位(山梨県初)
  • 令和3年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ) 優勝
  • 令和4年度全国高等学校女子選抜大会 準優勝
  • 令和4年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ) 準優勝
  • 令和5年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ) 5位

監督からのメッセージ

ソフトボールは状況によって「臨機応変」に対応する能力や団体競技にとして相手を思いやる等、「社会性」が必要とされるスポーツです。そうした中で選手と共に感動する試合を一つでも多く出来ればと思っています。

顧問
佐々木 憲士 顧問

空手道部(男女)

文武両道、不撓不屈、生涯空手道

DATA

  • 【部員】27名(男子17名、女子10名)
  • 【顧問・監督】樋川将平
  • 【コーチ】樋川光司

主な実績

  • 世界ジュニア大会:男子個人形優勝
  • アジアカデット大会:女子個人形優勝
  • 全日本大会 5回出場
  • 国民体育大会 13回出場:男子個人形準優勝、女子個人形3位(2回)
  • インターハイ 27年連続28回出場:男子個人形優勝2回、男子個人形3位(2回)、女子個人形3位
  • 全国選抜大会 23回出場:男子個人形優勝、女子個人形準優勝、男子個人形3位
  • 関東大会 30年連続出場:女子個人優勝、男子個人形優勝
  • 山梨県高校総体:男子総合優勝15回、女子総合優勝16回
  • 第28回関東高等学校空手道選抜大会:南ブロック 女子個人組手59㎏優勝

監督からのメッセージ

全国大会上位入賞を目指して、男女合同で練習。少数精鋭の選手が切磋琢磨し、文武両道の実践を目指して活動。毎日2~3時間、専用の武道場で練習し、年1~2回の合宿、月1回程度の遠征を実施。山梨県の強化指定校、並びに本校強化運動部の指定。

顧問
樋川 将平 顧問

コーチ
樋川 光司 コーチ

テニス部(男女)

「切磋琢磨」を部訓として

DATA

  • 【部員】30名(男子15名、女子15名)
  • 【顧問・監督】保坂充彦

主な実績

  • 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)男子17回出場・女子23回出場
  • 全国選抜高等学校テニス大会 男子3回出場・女子7回出場

監督からのメッセージ

一人ひとりに向上心があり、上級生中心にまとまりがあるチームです。日常生活では「挨拶」「返事」「時間を守る」を大切にし、テニスにおいては関東大会、全国大会での勝利を目標に活動しています。

監督
保坂 充彦 監督

水泳部(男女)

自己への挑戦!より高いレベルの追求

DATA

  • 【部員】18名(男子2名、女子11名、マネージャー5名)
  • 【顧問・監督】雨宮惣一

主な実績

  • 第64回日本高等学校選手権水泳競技大会 200m背泳ぎ女子 優勝
  • 第65回日本高等学校選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ男子 優勝
  • 第65回日本高等学校選手権水泳競技大会 200m背泳ぎ女子 優勝
  • 第65回日本高等学校選手権水泳競技大会 200m背泳ぎ男子 優勝
  • 第66回日本高等学校選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ女子 優勝
  • 第66回日本高等学校選手権水泳競技大会 200m背泳ぎ女子 優勝
  • 第78回日本高等学校選手権水泳競技大会 100m自由形男子 優勝

監督からのメッセージ

萩原智子選手、長田友喜子選手、江原騎士選手(銅メダル獲得)3名のオリンピック出場をはじめ、日本代表を輩出した経験が、今の部員たちにも受け継がれています。インターハイではリレー1種目と13人の決勝進出者がおり、より高いレベルを目指して日々練習に取り組んでいます。

監督
雨宮 惣一 監督

スケート部(男女)

ハイレベルを求めて!全国で勝負することを目指す

DATA

  • 【部員】4名(男子1名、女子3名)
  • 【顧問・監督】雨宮惣一

主な実績

スピードスケート(ショートトラック)

  • 第57回国民体育大会冬季大会 500m男子 優勝
  • 第57回国民体育大会冬季大会 1000m男子 優勝
  • 第58回国民体育大会冬季大会 500m男子 優勝
  • 第59回国民体育大会冬季大会 500m男子 優勝
  • 第59回国民体育大会冬季大会 1000m男子 優勝
  • 第60回国民体育大会冬季大会 1000m男子 優勝
  • 第62回国民体育大会冬季大会 1000m男子 優勝
  • 第72回国民体育大会冬季大会 1000m男子 優勝

フィギュア

  • 第61回全国高等学校スケート・アイスホッケー選手権 女子 学校対抗 3位
  • 第62回全国高等学校スケート・アイスホッケー選手権 女子 学校対抗 4位
  • 第64回全国高等学校スケート・アイスホッケー選手権 女子 学校対抗 準優勝
  • 第65回全国高等学校スケート・アイスホッケー選手権 女子 学校対抗 4位
  • 第66回全国高等学校スケート・アイスホッケー選手権 女子 学校対抗 4位

監督からのメッセージ

バンクーバーオリンピック出場の吉澤純平選手をはじめ、少数精鋭で強化を行ってきました。現在はショートトラックスピードスケート及びフィギュアスケート中心に山梨学院大学スケート部のバックアップを受けながら、全国で戦う実力を養成しています。

監督
雨宮 惣一 監督

ホッケー部(男子)

人間力を備えた全国トップレベルのチームへ!

DATA

  • 【部員】39名(選手35名、マネージャー4名)
  • 【監督】飯田裕一郎
  • 【総監督】寺本祐治
  • 【コーチ】髙野雄介

主な実績

[大会実績]

  • 関東大会(平成21、24、25、28年、30年)優勝
  • 関東選抜(平成20、23年、27年)優勝
  • インターハイ(平成25年、28年、29年)ベスト8
  • インターハイ(平成26、27年)第3位
  • 全国選抜 準優勝(平成23年、28年)ベスト8(平成25年、26年、29年、30年、令和1年、令和3年))
  • 第11回全国高等学校ホッケーチャンピオンズカップ 優勝

監督からのメッセージ

チャンピオンを目指して、15:30から19:00までの練習で基礎を固め、大学との連携を図り、週末などに大学生チームや他校と行う練習試合で実践力を養う。人間力の向上を目指し、自己を確立して、主体性・協調性・社会性を身に付けるチームづくりを心がけている。

監督
寺本 祐治 総監督

陸上部(男女)

各自が高い目標を持ち、日々練習に励む

DATA

  • 【部員】25名(男子17名、女子8名)
  • 【顧問・監督】小俣宏記

主な実績

  • 県内大会での多数入賞をはじめ、関東・全国でも上位入賞者を出しています。県総体男女総合優勝3連覇。
  • 令和元年全国高校総合体育大会男子槍投げ 第2位

バドミントン部(男女)

人間力向上!豊かな心を育成し、社会に貢献できる人材に

DATA

  • 【部員】51名(男子23名、女子28名)
  • 【男子顧問・監督】根岸孝好
    【女子顧問・監督】若尾淳生
  • 【コーチ】輿石努

スローガン

「感謝」・「礼儀」・「挑戦」

主な実績

男子

  • 関東高校大会出場(令和3年)
  • インターハイ出場(令和3年)
  • 全国私立高校選抜大会出場(令和3年)7位
  • 関東高校選抜大会出場(令和2年・令和3年)
  • 全国高校選抜大会出場(令和3年)

女子

  • 関東高校大会出場(令和3年)
  • 全国私立高校選抜大会出場(令和3年)
  • 関東高校選抜大会出場(令和3年)

監督からのメッセージ

関東大会、インターハイ、国体などへの出場・上位入賞を目標に、コーチのきめ細やかな指導の下、部員一人ひとりがお互いに叱咤激励しながら技術面・精神面の向上に努めています。また、バドミントンを通じて豊かな人格の形成と社会に貢献できる人材の育成を目標としています。

男子顧問兼監督
根岸 孝好
男子顧問兼監督

女子顧問兼監督
若尾 淳生
女子顧問兼監督

コーチ
輿石 努 コーチ

卓球部(男女)

DATA

  • 【部員】12名(男子7名、女子5名)
  • 【監督】神山瑶
  • 【男子顧問】小林孝明
  • 【女子顧問】渡辺佑

スローガン

同心協力

心を一つにして協力し合い、皆で団結して事にあたること

主な実績

  • 令和5年 関東高等学校新人卓球大会 女子団体出場権獲得
  • 令和5年 全国高等学校選抜卓球大会 女子シングルス出場
  • 第74回 関東高等学校卓球大会 団体出場(男子)
  • 第74回 関東高等学校卓球大会 団体出場(女子)

監督からのメッセージ

インターハイなどの全国大会や関東大会において上位進出を目標とします。基礎・基本の徹底を図り、質の高い練習を行います。全員が心をひとつにして、一人ひとりが目指す姿に向かって、高い志と熱い思いをもたせ、勉強と部活動を両立し文武両道を実践させます。生徒が心身共に健康で活躍できるチームを作ってまいります。

監督
神山 瑶 

●運動部

  • ・新体操部(女子)
  • ・バスケットボール部(女子)
  • ・ゴルフ部(男女)
  • ・スキー部(男女)
  • ・弓道部

●外局

  • ・チアリーダー部

文化局

  • ・ESS 部
  • ・吹奏楽部
  • ・茶道部
  • ・ボランティア部
  • ・合唱部
  • ・放送部
  • ・囲碁部
  • ・アート部
  • ・書道部
  • ・将棋部

同好会

  • ・写真同好会
  • ・数学同好会
  • ・文芸同好会
  • ・新聞同好会
  • ・クイズ同好会
Copyright(c) YAMANASHI GAKUIN SENIOR HIGH SCHOOL. All rights reserved.